金と気になる買取事情

通常金属というのは年月が経って空気に触れていると、どうしてもサビや劣化などの変化が出てきてしまいます。

そんな金属の中で唯一と言っていい、空気に触れてもサビや劣化などの変化が出ないのが金です。

そのため金はアクセサリーとしても、資産としても大変人気のある金属なのです。

ですが金属というのは、先ほど述べたように普段から使用したり空気に触れるように保存していると、どうしてもサビや劣化はもちろん、汚れとかイタミといったものが出てきてしまうのです。

もちろんサビや劣化、さらに汚れやイタミが出てきても、それでも平気とかそのまま使うというのならかまいませんが、これが買取をしてもらいたいとなると、急に買取額などや買取自体が可能か気になってくるのではないでしょうか?

しかもに、これらの汚れやイタミなどは査定にどのように影響をするのでしょうか?

実は金というのは、あまり知られていませんが少々の汚れとかキズというのは、買取にさほど影響はしません。

では金の買取で買取を左右する、もしくは決める要はどこにあるのかというと、実は金の重さとか純度にあったのです。

ちなみに重さというのは、そのままズバリ重さの事であり、純度というのは金の製品にはよく24K18K10Kといった具合に刻印というのが必ず入っていますが、この刻印の数字が大きくなればなるほど金の含有率が高いという証明でもあるのです。

逆に数字は小さくなればなるほど、金以外の金属が含まれているという事になります。

関連サイト・・>「金の買取ナビゲーター