その他の見分け方とは

買取時に金が価値が低いですよと言われないためには、まずは自身の持っている金のっかりと知っておかないといけません。

まずは金の価値をしっかり見極める基本としては、刻印のチェックが一番わかりやすいのではないでしょうか?

ちなみに刻印のチェックというのは、買取時の査定担当の方も、しっかりチェックしています。

刻印がどこに刻まれているかというのは、その製品によって異なっていますが、だいたいどの製品もどのような形でも刻まれてはいます。

もしもまったく刻印が刻まれていないという場合には、それは金が本物ではないと思っていた方がいいかもしれません。

刻印というのは、だいたい数字とKという文字が刻まれていますが、24、18、14、10といった形になっていますが、数字は大きいほど金の含有量は多いです。

その他にも1000とか750、585といった数字のみが刻まれていることもありますが、これも数字が大きいほど含有量が多い証であり、本物である証拠になります。

ただし、この見極め方というのは日本の話であり、外国の金の製品になると事情が少し変わってきます。

その他、金を見極める方法としては、水に沈めるという方法もありますが、この方法は素人には簡単な作業ではありませんし、薬品で検査するという方法もありますが、この方法もプロにお願いして判断してもらう方が無難であると言えるでしょう。

どちらにしても買取時には、真偽の判断をしてもらう事は可能です。

参考リンク=>【世界の金製品・ゴールドジュエリー(純度、刻印、取引単位)